ニセコバックカントリー イワオヌプリ編 Niseko Backcountry -Iwaonupuri

ニセコ連峰の一つイワオヌプリは倶知安町と蘭越町にまたがる標高1,116mの活火山。ヒラフ・アンヌプリからのアクセスしやすくバックカントリー入門者にはお勧めの山です。

 

12月に入って軽い雪が降り続いたので一日はゲレンデで思い切りパウダーを満喫し、翌日はお天気も安定しているので今シーズン初のバックカントリーへ。 朝9時 五色温泉上の駐車場にてゾンデ、シャベル、ビーコンの電池残量などを確認。光の合間からキラキラ光る雪を見ながら とりつきまでの平らな道を歩いていきます。

地形がまだ埋まっていない沢では枝を掻き分け歩くのがつらい、、とりつき近くの場所で少し休憩。ゾンデでどのくらい雪が積もっているか見てみると2m50cmを超えている!

Blue bird day! ちょっとしんどいHikeもこの青空とパウダーが待っているかと思うと頑張れます!

 

まるで違う星に来たかのようなこの景色。 さて、さて どこから滑ろうか♪

軽すぎない絶妙なパウダー!!大当たり!!もちろん、2本目おかわりも満喫。ご馳走様でした。

そしてバックカントリーの締めくくりは温泉。本日はイワオヌプリ近くの「雪秩父」へ。露天風呂につかりいっぱい使った筋肉をほぐし今日の余韻に浸ります。

自然のままの山を滑る楽しさ、柔らかいパウダーの浮遊感を味わえるのがバックカントリーの魅力!興味があるけど装備を持っていない、冬山の知識がない、、、そんな方にはこちら バックカントリー初心者の方にも安全に楽しんでいただけます。

ニセコの極上パウダーを大自然の中で存分に味わえますよ~

Header logo Booking payments secured through SSL secure connection

お問い合わせ

ご予約についてご質問、ご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。